糖尿病網膜症

糖尿病網膜症の初期には「自覚症状」が乏しく、自覚症状が出てからでは手遅れの事も多い病気です。

糖尿病と診断されたら自覚症状の有無にかかわらず、必ず眼科で検査を受けてください。
網膜光凝固術、硝子体手術の適応が治療のポイントとなります。進行すれば網膜剥離・血管新生緑内障となり失明します。

PAGE TOP